貫入について

2018.10.09読み物

長らく欠品しておりましたどんぶりが入荷しております。

 

20181005_01

 

窯元さんが急いで持ってきてくださったどんぶりからはなにやらピン…ピン…という音が。

 

みなさま、「貫入」ってご存知でしょうか?

例えば、m.m.d.のtrue colors lineの中でも人気の青磁色。

よく見ると他のお色と違って小さいヒビが細かく走っているのがわかると思います。

こちらのヒビ、不良品のように思われる方もいるかもしれませんが、

伝統的な製法によって作られる「貫入」という模様なのです。

 

banner_16_1

 

ピン…ピン…という音はまさしくこの貫入のヒビが入る音なのでした。

 

m.m.d.のうつわはほとんど素地の上から釉薬を施して焼いております。

焼いた後、冷ましているときに素地、釉薬ともに収縮していくのですが、

貫入はこの二つの層の収縮率の違いで生まれるものです。

 

 

ちなみにこの貫入の入る音、納品していただいたのは夕方だったのですが、翌朝にもまだ聞こえてきました!

まさに収縮している最中だったのですね。

はじめて聞くうつわの声…すこし嬉しかったです!

 

 

味わいのある模様として人気の貫入。

どこかアートのような雰囲気もあり、日常使いのうつわとして食卓に並べると新鮮な印象に…!

経年変化も楽しめますので、お持ちの方はぜひそちらもお楽しみくださいませ♪

 

m.m.d.のどんぶりはこちらからご覧いただけます。

プロフィール画像
make my day スタッフ

市来嵜 真愛

■SNS SHARE